スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけました
寒くなってきましたね。

うちの職場は室内でありながら冬はとても寒いので、もうカーディガンを羽織ってます。

今の時期でこんなんだから、真冬が思いやられます。

というわけで、ばばしゃつを衝動的にまとめ買いしたさくりっちとゆすらっちとゆらねっちの中の人です。こんばんは。

ばばしゃつと言っても、ティッシュ三枚分の薄さのやつがでてて、それでいてセラミックだとか遠赤外線だとかですごくあったかいのです。でも高い・・。でも冬場の必需品だしね!




というわけで、体調をくずしてしんどいけど、やっと明日休みだー!しかも祝日だー!と、商会チャットで浮かれていたのが悪かったのか、休みだった3日の早朝に祖母が他界いたしました。

入院してはいたけど、まさかこんなに早く亡くなるとは思っていなかったし、家族が呼ばれることもないまま病院から死亡の知らせが来るとは思ってなかったし、なにぶん(低血圧者の)早朝だったしで、本当に一報を聞いたときはなにがなにやら全然わかりませんでした。

亡くなった日の仮通夜だけは家でいとなみましたが、翌日の通夜、翌々日の葬儀はお寺でとりおこなったので女衆にとっては楽といえば楽だったのですが、それでも気疲れというか、いろんなことが大変でした。

老人とはいえ、人が一人この世からいなくなるということは、さびしいとか悲しいとかだけですませられるほど簡単なものではないのだと実感。

仮通夜、通夜、葬儀、火葬、その日のうちに初七日法要と、怒涛の三日間を過ごして、その次の日には仕事に復帰しました。

うちは本当に人が少なくて、でもこういうことなので他の人が代わりに仕事に出てくれたのですが、そのぶんあとの休みを他の人に返上しなくてはならないので疲れがとれる暇がないですが、そこは気力で・・。

ところでうちは田舎なので、昔はお葬式のときには隣の家が「おとき」の会場になり、隣の家にご近所の奥さんたちが集まって精進料理を作ったりしたそうでうすが、最近ではあまりそういうこともしないらしく、自宅でやった仮通夜のときだけ家で姉や兄嫁や叔母さん連中で精進料理を作りました。

こういう時は私は輪に入れてもらえず、弔問客の接待という役回りになるのですが、神経質で無口で自己中心的で、思春期に家庭内暴力をふるっては年の離れた幼少の妹に以後の人格を形成する上で大きな影響を与うるに充分なトラウマを植えつけてくれた兄が、結婚して子供が生まれてからはすっかり丸くなり、去年の父親の大病をきっかけに本家の長男としての自覚が芽生えたこともあり、お茶を出す私の隣で弔問客に感謝とねぎらいのことばをかける姿をみて複雑な気持ちだったりとか、そのトラウマと同じくらいに抱えさせられてきたいろいろな軋轢とか恩讐とかしがらみだとか。

そういうものはすべて、

高齢で認知症の祖母の面倒を母一人に押し付けて、なおかつ施設に預けずに家で介護しろと勝手な口出しをする叔父や叔母にいやな顔一つせずに、仕事をしながら祖母の介護と去年大病をして以来あまり働けなくなった父の世話をして一番大変だったはずの母親だけが、実の娘の叔母ですら泣いていないのに出棺前に棺にとりすがって「ばあちゃん、ばあちゃん」と号泣していた姿をみたら消えてしまったような気がします。


ということで、そんなにしんみりしていたらいけないので、もう精進明けをするのです!
(うちの宗派は精進には厳しく、初七日の法要のあともお坊さんが「精進明けは各自でご自由に。でもなるべく長く」と説教してました)

仮通夜、通夜、葬儀&初七日法要と、大変すぎてしんどくて、いつものように父親が飲め飲めと言っても飲めなかったので、死んだばあちゃんへの追悼に飲むことにしました。

さて、つまみはなににしよう。

ところでこの前東南アジアにラロワ修行に行ったとき

110701.jpg

110702.jpg

110703.jpg

110705.jpg

新品のラロワをぼこぼこにしてくれた、たこだかいかだかへの腹いせに

2008102814440000.jpg

これで精進明けしてやるーっ!

ということで

2008102814450000.jpg

ビールと一緒にいただいたのですが、ここでよい子のみんなに注意ー!

模擬の間に飲んでると、沖漬けがなんだかやたらとおいしくてついつい飲みすぎて、気が付くと毎回即効で沈んでたりするから気をつけてー><

そういえばこの前、ビールのつまみにいかめんたいの写真をアップしたらゆずさんから「40代めたぼおっさん疑惑」をかけられてしまいましたが、こんなに可愛い40代めたぼおっさんがいたら連れて来てみぃっ!



携帯にて
今朝、祖母が入院先の病院にて他界いたしました。

私自身体調不良が続いているのですが、しっかり送ってあげて、精神的にも身体的にも立ち直ってまたインできればと思います。

そのときはまたよろしくお願いします。
フンバッタ
ドウニカフンバッタ(学識名・funbattayomaman)

バッタ目(直翅目)・バッタ亜目(Caelifera)・フンバッタ科に分類される。

おもにいっぱいいっぱいの人間の家に棲息し、集中力や忍耐がキレそうな者、精神状態が不安定な者の精神的立ち直りを幇助する。

そんなバッタがいたらぜひ一匹わけてほしいです。


というか、神頼みならわかるけど昆虫頼みはいかがなものかと思います。

それはさておき。

前回の記事を見てもわかると思いますが、最近どうにもキレそうで、別に何かに腹を立てたわけではないのですが、集中力というか、人間関係を円滑にするための大事なものというか、そういうものが切れそうでした。

リアルでもDOLでもいろいろあって、心に余裕がなくなっていたというか。もういい人でいるのがイヤになったというか、私も癒されたかったというか・・。

それにけいばさんが引退するとか言うし(アピコメにはそう書いてた時期があったもん!)



どうにも私は、臆病なくせに短気なところがあるというか、好んで争うことはしないのですが、いやになったら引いてしまうことがよくあります。

どれだけ引くかと言うと、幕まで引いちゃう勢いです。

どういうふうに引くかと言うと、ただ黙ってしまう・・。

黙って終わりにされるほうはたまったものじゃないかもですが、言う労力を惜しんでしまうというか、きっと私の考えてることなんてわかってもらえないだろうって諦めてしまうというか。

うん、悪い癖です。

しかも自分から何のモーションも起こさないので、それが人間関係だとしたら、仲直りできない人とはできないままなのですが、その反面なんでも許してしまう人なので、相手から折れてきたら仲直りしちゃいます。

だめじゃん。です・・。

まあ、それでも我を張って角が立ちまくるよりはいいかな、とも思います・・。



ブログも仕事もDOLもいやになってましたが、ブログと仕事はともかくDOLは、まだ大好きな人がそこにいて、大好きな人と幸せな時間が過ごせるうちはまだやめません。

いつまでもそういう人たちと、そういう場所が、DOLにありますように。



ここも、ブログを書く時間がなかなかとれないこともさながら、書いてはいけないことが増えてきて更新ができなかったりしますが、まあ、負担にならないようにぼちぼちやっていきたいと思います。



いやなことはしない。

楽しいことだけやっていたい。

せめてDOLではこんなふうにわがままでもいいよね?



けいばさんが、前回の記事のけんけんが怖いというので

2008101113090001.jpg

おすましけんけんもアップしておきます!

こうしているとストレートな毛並みのけんけんですが

2008101314500000.jpg

ひっくりかえるとうさぎとかカンガルーに似ています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。