スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
311
311

日本人ならこの数字を決して忘れられないだろうこの日付から、もう13日が過ぎました。

千年に一度の地震、千年に一度の震災、そう呼ばれるほどあまりにも多すぎる命が一瞬で奪われました。

去年の終わりにケンケンを亡くし、先月に兄を亡くし、いくら元気です、大丈夫です、前向きに生きていきますと言っても、悲しみはつらくて、つらいを通り越して痛みさえ覚えます。

一匹のペット。幼少期のトラウマから疎遠にしていた兄。それを亡くしただけでどれだけ心が重く、打ちのめされたか。なのに一瞬にして万を越す命を奪った甚大な天災に、ただただ息を殺して事態を見守ることしかできません。

被災された方に心からお見舞い申し上げます。



深い悲しみは一人では乗り越えられないけれど、ケンケンの死も兄の死も、悲しみのつらさをわかりあって、わかちあって、一緒に歩いていく人たちがそばにいてくれるから前向きでいられます。亡くなった人は周りの人たちに絆というかけがえのないものを残してくれるのではないかと思います。

たくさんの人が犠牲になったこの大震災で、一人ひとりの絆が大きな絆になって、被災された方々の心に届きますように。被災者の方の心が少しでも、ほんの少しでも、安らぎますように。





「“Tsunami”よりも、“Kizuna”という日本語を世界の共通言語にしたい 」
そういう主旨で俳優の渡辺謙さんらがkizuna311というメッセージサイトを立ち上げられています。

兄の法事で実家に帰っていて、父親の部屋で父親と一緒にテレビを見ていたときに東日本を巨大地震と巨大津波が襲いました。

震災で亡くなった方とその家族に兄と自分たち家族を、どこかで重ねているのかもしれません。

私も、Kizunaが世界の共通語になることを、心から願っています。
スポンサーサイト
 
ホント大変な震災でしたね。
kizunaですか。さすがハリウッドスターですね。
日本人は助け合いの心はあるけど、外国のスターたちの寄付はすごいですよね。
この地震で普通に生活出来てる事の幸せを改めて感じました。
私も何か社会の為に役立たなくては^^
未曾有ですね・・
日に日に犠牲者の数が増えて、最終的にはいったいどれだけの数になるのか、ほんとに未曾有の大震災ですね・・

そういえば、一ヶ月くらい前に「ヒアアフター」という、クリント・イーストウッド監督作品の映画を観ました。
冒頭で、主人公の一人である女性がスマトラ沖地震の大津波に遭遇して臨死体験をするシーンがあるんですが、製作総指揮がスピルバーグだけあって津波の中の映像がすごくリアルでダイナミックでした。
観光地のビーチで、という設定なので、空は青く、津波の中でさえ海水は透き通ってて、水の中から海面を見上げると日光がさしてきていました。映画を観て、さすがスピルバーグ、津波をすごく忠実に再現しているなぁと思いました。
でも東北大震災の津波の海水は冷たく黒く、津波の高さも速さも、押し流される船や家々や車の数も尋常でなく膨大で、テレビの画面を見るだけで恐怖を覚えました。映画は映画でしかないと思いました。作り物の映画をはるかに上回る大規模で悲惨な津波でした。
この映画は東北大震災を受けて3月14日かぎりで上映が中止されましたが、3月15日にアメリカでこの映画のDVDの発売が開始されたんですが、その収益の一部が東北大震災の義捐金にあてられるのだそうです。100万ドルくらいになるらしく、監督のクリント・イーストウッドも、日本に手をさしのべることができてうれしいというコメントをしているそうです。
この映画自体に罪はないのに、さすがハリウッドだと思いました。

私も、何ができるわけではないので、自分の目線にあった寄付だけでもしようと思います^^
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://sakurino.blog95.fc2.com/tb.php/341-627c2590

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。