スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
departure
チャプター5にアップデートして一週間。

コース料理というものが酒場に登場して行動力が一気に回復する仕様になりました。

でもコース料理って、普通に全回復まで飲み物と料理を注文するよりかなり高くないですか?

つまりコース料理というからにはサービス料金と税金が含まれているのですよね?

たとえロンドンの広場の噴水の近くで人がたくさん集まってる露店の食堂で頼んでもそれなりのサービス(給仕)をしてもらっているはずなのですよね?

エリザベス女王が、新しい税金の収入にうはうはしているんですよね?

そう考えるとなかなかコース料理を頼む気は(ロンドンでは)しないのですが、

9022301.jpg

けんけんが喜ぶならたまにコース料理を頼んでもいいかと思います。

9022303.jpg

副官のやる気というのはまゆつばものなのでどうでもいいですけどねっ!


ということで、今回は新しい装備品のレシピができたそうで、

9022304.jpg

ゆすらっちも作ってもらいました(*ノノ)キャ

一本一本職人さんが愛情をこめて植毛してくれたヅラ付きヘッドドレスです。

かなりお気に入りです。ありがとう^^

9022305.jpg

ゆらねっちにももらいましたが、ゆらねっちはもともとの髪型とあまりかわりばえがしません・・

まあ、ゆらねっちにはついでですから^^



ところで今回のアップデートの目玉はやっぱりスエズ運河の開通?

ということで、到達度を稼ぐために一日二、三回海事勅命をやってました。

9022302.jpg

基本は5人で、たまに集まらなくて三人くらいでやりましたが、まあ、なんとかなりました。なんとか・・
(油断して沈んだなんて言えない・・)

ということでちょっとは貢献したのでイングは他の国より早めに到達度を達成して、

9022307.jpg

スエズの通行許可も獲得。

9022308.jpg

いつも思うのですが、何かあると自分ばっかり乾杯して飲んでるサセックス君はずるいと思う。

というか、自分から率先して勅命やれよ、サセックス君。

ロンドンでNシャウトしてメンバーを集めるサセックス君が見たいと思う今日この頃、

9022306.jpg

これがスエズ運河だ!(らしい)



ということで、ちょっと前になりますが、祖母の100日法要をすませました。

ところでうちの実家は観光地にあります。

100日法要の日は2月というのにうららかにのどかに晴れて、お坊さんがきて法要をすませたあとは家の近くの料亭に場所を移してお茶の席を設けました。

お茶の席といっても酒の席になるので、食事をすませるとお開きになるまですることがないので一人で料亭を抜け出して観光地をのんびりと散歩しました。

自分の家の近くといっても改めて観光コースを歩くなんてあまりなくて、観光客にまぎれて店々をのぞくと自分が旅行している気分になって楽しかったです。

うちは観光地にありますが、観光地の中にあって地元の人もあまり知らないという、一年に一度だけの小さなお祭りがあります。

地元の人もあまり知らないのは、旧正月から何日めかに一日だけやるお祭りで、毎年微妙に開催日が違うし、特に告知もされないから、お年寄りくらいしか毎年覚えてる人はいないからだと思います。

お祭りといっても小さなお堂にご本尊の閻魔様をまつり、壁に地獄絵を飾って大きな賽銭箱を置いてあるだけなのですが、子供のころは亡くなった祖母に連れられてお参りにきていました。

ただそれだけのお祭りなら祖母と一緒でも行きたくなかったのですが、その日だけ売られる砂糖菓子があって、それ目当てでついていった覚えがあります。

といっても小さいころは閻魔像が怖かったし、壁の地獄絵も怖くて、祖母の後ろからそっとお参りするだけだったのですが、一度だけ、閻魔像とお賽銭箱の間に一人の老婆が座っていたのを見たことがあります。

その老婆は紐で縛られていて、服は現代の服だったけれど地獄絵の中の老婆と重なって見えてすごく怖くて、砂糖菓子のご褒美もそこそこに家に帰って「あれ、なんやったと?」と祖母に聞いたのですが、祖母はそんな人はいなかったと言いました。

老婆は祖母が言うように本当はいなかったのかもしれないし、本当はいて、子供に、悪い生き方をしたらああなる、という戒めを植えつけたかったのかもしれないですが、おかげで悪いことをすると老婆のような最後が待っているという恐怖観念を刷り込まれました。

不器用な生き方だけど、将来死んだときは閻魔様に胸を張って会いたいです。

散策ついでにお堂のあるわき道を覗いたら砂糖菓子を売ってるお店を見つけて、もしかしてと思って行ったら本当に閻魔様のご開帳の日にあたっていてびっくりでした。

今日、映画の「おくりびと」が「Departure」というタイトルでアカデミーを受賞しましたが、一方が送るという立場なら、一方は出発するということなのだな、と、なんだか改めて思い、祖母の100日法要の日が一年に一度の閻魔様の日だったことに不思議な縁を感じたさくりっちとゆすらっちとゆらねっちの中の人でした。
スポンサーサイト
 
やぁー
火曜模擬でゆりねにしてやるんだからね><
○さん!
○さんなのね!
久しぶりじゃないのっ!
というか、ゆすらっちもやばいけど○さんもやばかったよ><
これから遠隔逆ストーカーで火曜模擬に呼び出すからねっ><
貫通
R20・・・
んんっ?
まぐろさん、貫通R20!?
そういえば専門職で+1で、なおかつ16までRの上限がのびて、それに副官とブーストかな?

貫通R20の威力ってすごいんでしょうね><
海事あげ、がんばってね^^
ああっ!
ゆらねじゃなくて、敵か!
あああっ!
いま気づいた><

あれはね、敵じゃなくてこっち側なんだけど、この前のイベントでもらったアテネのなんとかっていうアイテムを使ったからなの。
それを使うとその戦闘のあいだ、貫通がR20になるんですよ!
でもこれって、大海戦でもありなのかな??
ありなら使いたい^^
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://sakurino.blog95.fc2.com/tb.php/318-572bb176

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。