スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
departure
チャプター5にアップデートして一週間。

コース料理というものが酒場に登場して行動力が一気に回復する仕様になりました。

でもコース料理って、普通に全回復まで飲み物と料理を注文するよりかなり高くないですか?

つまりコース料理というからにはサービス料金と税金が含まれているのですよね?

たとえロンドンの広場の噴水の近くで人がたくさん集まってる露店の食堂で頼んでもそれなりのサービス(給仕)をしてもらっているはずなのですよね?

エリザベス女王が、新しい税金の収入にうはうはしているんですよね?

そう考えるとなかなかコース料理を頼む気は(ロンドンでは)しないのですが、

9022301.jpg

けんけんが喜ぶならたまにコース料理を頼んでもいいかと思います。

9022303.jpg

副官のやる気というのはまゆつばものなのでどうでもいいですけどねっ!


ということで、今回は新しい装備品のレシピができたそうで、

9022304.jpg

ゆすらっちも作ってもらいました(*ノノ)キャ

一本一本職人さんが愛情をこめて植毛してくれたヅラ付きヘッドドレスです。

かなりお気に入りです。ありがとう^^

9022305.jpg

ゆらねっちにももらいましたが、ゆらねっちはもともとの髪型とあまりかわりばえがしません・・

まあ、ゆらねっちにはついでですから^^



ところで今回のアップデートの目玉はやっぱりスエズ運河の開通?

ということで、到達度を稼ぐために一日二、三回海事勅命をやってました。

9022302.jpg

基本は5人で、たまに集まらなくて三人くらいでやりましたが、まあ、なんとかなりました。なんとか・・
(油断して沈んだなんて言えない・・)

ということでちょっとは貢献したのでイングは他の国より早めに到達度を達成して、

9022307.jpg

スエズの通行許可も獲得。

9022308.jpg

いつも思うのですが、何かあると自分ばっかり乾杯して飲んでるサセックス君はずるいと思う。

というか、自分から率先して勅命やれよ、サセックス君。

ロンドンでNシャウトしてメンバーを集めるサセックス君が見たいと思う今日この頃、

9022306.jpg

これがスエズ運河だ!(らしい)



ということで、ちょっと前になりますが、祖母の100日法要をすませました。

ところでうちの実家は観光地にあります。

100日法要の日は2月というのにうららかにのどかに晴れて、お坊さんがきて法要をすませたあとは家の近くの料亭に場所を移してお茶の席を設けました。

お茶の席といっても酒の席になるので、食事をすませるとお開きになるまですることがないので一人で料亭を抜け出して観光地をのんびりと散歩しました。

自分の家の近くといっても改めて観光コースを歩くなんてあまりなくて、観光客にまぎれて店々をのぞくと自分が旅行している気分になって楽しかったです。

うちは観光地にありますが、観光地の中にあって地元の人もあまり知らないという、一年に一度だけの小さなお祭りがあります。

地元の人もあまり知らないのは、旧正月から何日めかに一日だけやるお祭りで、毎年微妙に開催日が違うし、特に告知もされないから、お年寄りくらいしか毎年覚えてる人はいないからだと思います。

お祭りといっても小さなお堂にご本尊の閻魔様をまつり、壁に地獄絵を飾って大きな賽銭箱を置いてあるだけなのですが、子供のころは亡くなった祖母に連れられてお参りにきていました。

ただそれだけのお祭りなら祖母と一緒でも行きたくなかったのですが、その日だけ売られる砂糖菓子があって、それ目当てでついていった覚えがあります。

といっても小さいころは閻魔像が怖かったし、壁の地獄絵も怖くて、祖母の後ろからそっとお参りするだけだったのですが、一度だけ、閻魔像とお賽銭箱の間に一人の老婆が座っていたのを見たことがあります。

その老婆は紐で縛られていて、服は現代の服だったけれど地獄絵の中の老婆と重なって見えてすごく怖くて、砂糖菓子のご褒美もそこそこに家に帰って「あれ、なんやったと?」と祖母に聞いたのですが、祖母はそんな人はいなかったと言いました。

老婆は祖母が言うように本当はいなかったのかもしれないし、本当はいて、子供に、悪い生き方をしたらああなる、という戒めを植えつけたかったのかもしれないですが、おかげで悪いことをすると老婆のような最後が待っているという恐怖観念を刷り込まれました。

不器用な生き方だけど、将来死んだときは閻魔様に胸を張って会いたいです。

散策ついでにお堂のあるわき道を覗いたら砂糖菓子を売ってるお店を見つけて、もしかしてと思って行ったら本当に閻魔様のご開帳の日にあたっていてびっくりでした。

今日、映画の「おくりびと」が「Departure」というタイトルでアカデミーを受賞しましたが、一方が送るという立場なら、一方は出発するということなのだな、と、なんだか改めて思い、祖母の100日法要の日が一年に一度の閻魔様の日だったことに不思議な縁を感じたさくりっちとゆすらっちとゆらねっちの中の人でした。
スポンサーサイト
わざとじゃないの。仕様なの。~2nd season~
いつものように無駄に長いブログを書き終え、いざ保存というところでパソが落ちて、でも最近のFC2ブログには下書き機能がついているから、途中でパソが落ちてもある程度下書き状態で保存されてるはず。と思ってパソを立ち上げてみたら、なぜか書いてたものが全部消えていて茫然自失状態になってブログを書き直す気力をなくしていたさくりっちとゆすらっちとゆらねっちの中の人です。こんばんは。

ということで、

103102.jpg

お約束のハロウィンもので。

Trick or Treat?

といいつつ、

2008103022210000.jpg

なぜにファンの上?という突っ込みはなしでお願いします。

気温は下がってきましたが、こっちではまだお風呂上りに軽くファンをまわしたりします。

マイナスイオンつきですよ(だから何



ところで職場に新人さんが来るとぬか喜びしたときのことですが、一応研修の予定は組まれてあって、見たら本社の新人教育担当の人が三日間つきっきりで指導されるようになってました。

私が入ったときは研修って、なかったんですけどね・・。

研修なくていきなり実習で、教えてもらいながらMEMOして、それを家に帰ってまとめながら簡単な資料で補足していってたわけですが、見たら研修用の資料って、ちゃんとあるじゃん・・。

聞いた話によると、前の方が急にやめることになって、同時に常駐していた本社の人が本社に呼び戻されることになって、二人分の穴を埋めるために私が入ったそうです。本社に人が呼び戻されたくらいだから本社の方にも人員の余裕がなくて(新しい支店オープンのためにそっちの研修やら準備やらで大変だったらしいです)研修なんてやってられなかったそうですが、せめて資料くらい渡してくれればいいのに・・。

でもこの前、うちの業種にかかわりの深い○○法についてのコンプライアンス理解度試験があったのですが、うちの職場では一番の新人ながら主任につぐ高得点でしたよ。わーわー。

うっかり解き忘れた簡単な問題があって、それを記入していれば○○法○○士認定試験に合格している主任と一点差でした。わーわー。

と思ったら今度は習得度試験があるそうです。どんだけ試験好きなんだろう、うちの職場・・。その前に人員を増やしてください! 

でも残り5日を余して今月の営業目標を達成してしまい、また報奨金をもらえるのは嬉しいですが、さらに「人員足りてなくてもやっていけるじゃん」認定を本社にされてしまい、当面の人員補充は難しくなってしまいました。

だからといって本当に人数少ないし、これから風邪の季節で風邪で体調崩してる人も増えてきてるし、私もその中の一人になってしまったし、この前は人数が少ないのに待ってるお客様が多くて手が回らなくて焦っていたら咳がとまらなくなってあわや過呼吸で倒れるとこでした・・。ほんと、人増やしてください。お願いします・・。





ということで、ちょっと前にゆずさんに造ってもらってたラロワ☆二つに

103001.jpg

専用艦スキルで漕船補助をつけ、

103002.jpg

ゆすらっちのラロワが完成!

わーわー!

早速サメに襲われているのはご愛嬌で^^

ということで東南アジアに行き、ラロワ試乗。

103003.jpg

と、同時に沈む・・・。

アイタタタタタタ・・・

漕ぎスキルR1 0/100でいきなりラロワは厳しかったかな・・。というか、初ガレー系だし・・。

103004.jpg

というかそれ以前の問題のような気もかなりしますが、それはキノセイとして、東南アジアに行ったのは何かを収奪するためでした。

が、

103005.jpg

初ラロワ、初本格的収奪経験で、苦労せず遭遇した征服者さんから重装船尾楼をいただきました。

あれ? 意外に簡単にとれちゃう?

と思って今度はモード7に挑みにいったら、そんなに簡単に取れたらレアじゃないじゃん。ということを思い知らされてあっさりあきらめました。

ということで、さっさとロンドンに戻ることにしたのですが、どうせなら漕ぎスキルをちょっとでもあげるためにロンドンまで漕いで帰ることに。

途中で、

103006-1.jpg

けいばさんのリクエストによりカカドゥの一位になりました。

103006.jpg

んー、辛しレンコンよりレンコンのてんぷらの方が好きだな。

でも、

103007.jpg

強い要望なので仕方ないです。

スタッフー、

103009-1.jpg

作ってあげてー。

103008.jpg

尋常じゃないくらい食べたいみたいだから、

103010.jpg

大至急お願いします。




ということで、ゆすらっちが世界一周する感じで漕ぎスキルをあげている間、ハロウィンイベントの後編をけいばさんとゆらねっちでやることに。

題して、

103011.jpg

103012-1.jpg

103012.jpg

死して屍拾うものなしかぼちゃかんこうスタートです!


103013.jpg

ロンドンにそんなにたくさんの宝石加工職人がいるなんて初耳です。多アカの宝石商ならたくさんいるでしょうけどね(コラ

しかも変な帽子をかぶってる宝石加工職人なんて・・

103014.jpg
いた><

その帽子がほしいと思いながらも、なんだか今度のイベントも恐ろしいことがおきそうな予感を感じたゆらねっち、それでも無事に魔法使いの服をゲットしてダブリンへ。

イベントが進行するダブリン教会内はイベントに参加する人がたくさんいて大賑わい。

103015-1.jpg

くわえてイベント参加者がクリックするたびにグレンもその弟子も助手も声高に話すので、

103015-2.jpg

温厚な司祭もキレ気味です。

なことはおいておいて、さっさとイベントを進めようとしたら

103016.jpg

あれ?

103016.jpg

あれ?

103016.jpg

あれ?

103017.jpg

けいばさんは何かもらえたらしいですが、グレンさんは同じことを繰り返すばかりでゆらねっちは何ももらえません・・。

103018.jpg

イベント前編で中の人の素の天然ぶりの恐ろしさを充分知ってしまったけいばさんの胸中に不安の影がせまります。

もしかしてダブリンで情報を聞き漏らしたか、順番が違うかも?

ということでもう一度埠頭の漁師だとか酒場に行っても・・

103019.jpg

はい・・

103020.jpg

なにも進行しません・・

103022.jpg

ロンドンで魔法使いの服はもらえたのだから問題はないはずなのに。

と思ってよーく検証してみたら、魔法使いの服をもらったあとにもう一度あの変な帽子の宝石加工職人に話しかけないといけなかったのでした・・TT

103023.jpg

あんた、怖いね!

と、けいばさんに言われても、そりゃ二度目のうっかりに強襲されたら怒りますよねTT

103024.jpg

ゆらねっち、なみだ目で反省・・。

103025.jpg

これを聞き逃したためにイベントにかかる時間を無駄にふやしてしまったのでした・・。

みんなも気をつけようね!(違


ということで、時間がかかったもののイベント再開。

でも今度は洋上での戦闘があるとのことで・・

海事Lv12のゆらねっち、しかも海事スキルのほとんどをスキルブックにいれているのでかろうじて修理スキルしか使い物になるのはありません。

103027.jpg

そこで死んでも、屍を拾うものはないから踏ん張って><

そして

103029.jpg

いろんなことに踏ん張ったけいばさんのおかげで無事勝利してイベント終了。

103030.jpg

けいばさん、本当にごめんなさい。

103031-1.jpg

わざとじゃないんです。ツンデレもですが、うっかりどじっ子も仕様なんです・・

これにこりずにまたイベント誘ってください。

ほかの人も決して「あいつとイベントやると恐ろしい」なんて、思わないでね・・。



追記

ピンクのうさぎはおそろしい!(でもおもしろいー
たーかーのーつーめー
タイトルはさーさんに教えてもらって、ユアブームがマイブームになったたかのつめです。

幼な妻の爪より未亡人の爪のほうがときめくと思ったら、そんなあなたとはちょっと気が合いそうだと思うさくりっちとゆすらっちとゆらねっちの中の人です。こんばんは。

何の話かわかんないよっ!って思うかもですが、それはまた今度ね!(覚えていたら、ね!




ということで、ハロウィンのイベントの季節になりました。

イベントといえば、祭り?

祭りといえば喉自慢コンテスト?

ということで、

102501.jpg

102502.jpg

102503.jpg

102504.jpg

このあと、しまんと川出身のしーまんさんの歌が会場中に響いたのですが、えー聞き逃しちゃったよー、と残念がってるそこのあなた。

空き地に行けばどかんの上に乗って

「俺の歌をきいていけよ」

と言っているしーまんさんに出会えると思います(違



ということで、ハロウィンイベントです。

しばらく休止するといっていたけいばさんに

けいばさんのばかばかばかばかー

と言ったら

102505.jpg

頭痛薬をおみやげに戻ってきてくれました。

一人でなんてさびしくて、イベントなんかいかないもん。

そんなさびしんぼなゆすらっちと猫がさびしんぼなけいばさんが一緒にイベントに行くことになりました。

ところで、みなさんはもうハロウィンイベントに行きました?

アムスの広場で半笑いのクライド(?)からさんざん二の足、三の足を踏まされるような過酷なパシリを言い渡されます。

一を聞いて十を知る。

そういうところのあるゆすらっち、最初の十分で、

102508.jpg
このイベントの恐ろしさを知りました。

それは、

102506.jpg
聖徳太子経験ができたり、

アムスの広場にいる4人の「街の住人」のうちの一人がみつからなくて

102507.jpg
やっとみつかったと思ったら「街の老人」だったという壮大なトラップだったり、

102509.jpg
楽しようと思ってけいばさんに追従してたらいつの間にかストーカーされていたり(SSにたまたま写りこんだかおるるさんは関係ありません)

102510.jpg
ゆすらっちがけいばさんを応援しているように見えながらも実はけいばさんが自分で自分を応援しているという想像を絶するトラップだったり、前半だけでその恐ろしさを充分知ってしまったわけですが、後半になり、ダブリンとコペンを何度も往復するという肉体的、精神的苦痛をともなうイベントに移ったとき

102512.jpg
さらなる恐怖が・・・。

102513.jpg
恐怖に震えるゆすらっち、

102514.jpg
この恐怖をけいばさんにも伝えていいものか、伺う・・。

許しが出たので言います。

ダブリン~コペン、地獄の往復のラスト一回だった、コペンでのケルト老人から銀のタロットをもらうこの場面で、

102515.jpg
ケルトの老人が銀のタロットをくれないと思ったらダブリンで情報を全部きいてなかったのでしたTT

日付が変わり、疲れもたまってきて、本当にラストのコペンへの旅でのこの痛恨のミスはアイタタタタタ・・・。

そして、

102516-1.jpg
自分で「存在がネタ」と豪語しているけいばさんから、ネタ人間決定の烙印を押されたのでした・・。

けいばさんより存在がネタなんて、ありえない・・。

イベントのあいだ、引っ張ってくれてたけいばさん。その疲れと怒りで

102518.jpg
無言に・・TT

102519.jpg

黙るだけでなく今度は反撃に・・TT

102520.jpg
そしてまた無言に・・TT

そしてそして

102521-1.jpg
究極の反撃に・・TT

102521.jpg
自分が悪いので、ただ泣くしかないゆすらっちでした・・。

どうにかこうにかコペン~ダブリン間の地獄の往復を克服し、魔法使いの帽子をゲットして、今度はかぼちゃヘッドをゲットするときに、

102523.jpg

102524.jpg

102525.jpg
さらなる恐怖が待っていたのでした。

ハロウィンイベント、こわいようTT

102526.jpg
変態も怖いですけどね・・。

ところでこのかぼちゃヘッドをゲットするためにはかぼちゃが2個必要なわけですが、ダブリンにバザがなくて、どうしようかと思っていたらちびゆずが商会ショップで手に入れたかぼちゃをバザってくれることに。

わーわー。

感謝の気持ちをこめて踊ってみたけど

102527.jpg
踊ったあと、いつものように鼻で笑われました^^


ほかの人よりダブリン~コペン間を一往復増やしてごめんなさいね、けいばさん。

102528.jpg
肉体的、精神的に疲れてお腹がすいたのはわかるけど、

102528-1
それに手を出したらだめですよ!


ところでさくりっちゆすらっちゆらねっちがツンデレなので読む人もツンデレなのか、拍手はもらうもののコメントをもらったことがなかったのですが、前回の記事で初めて拍手にコメントをもらいました。

ブログがブログなもので読んでることも拍手してることも誰にも言えないと思ってる気持ちはすごくわかるのでその勇気に逆拍手です。ぎゅっ(拍手と握手を間違えてるというツッコミはなしで・・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。